未分類

副業と残業はどちらが得か考えてみた

こんにちは、kohです。

副業をしようという流れが強くなっていますが、

残業するのと副業するのはどちらが得なのかを考えてみます。

金銭面でどちらが得か

まず、金銭面でどちらが得かです。

1時間あたりの残業代<1時間あたりの副業

となれば、副業の方が得で、逆であれば残業代となります。

ちなみに、残業代時間当たり平均は、1,152円が厚生労働省の出した2018年度の金額になります

サラリーマンだと、年収が高いほど残業代は増えるので、自分の1時間あたりの残業代を換算してみると良いでしょう。

金銭面以外でどちらが得か

次に、金銭面以外でどちらが得か考えてみます。

これは、自分のスキルや価値を高めることかで考えます。

残業であれば、今の職業のスキルを伸ばしたいのであれば、残業をして専門性を高める方が得になります。

逆に、今の仕事がルーチンワークで、誰でもできる仕事であれば、副業で専門的なスキルを獲得する方が得になります。

また、今の仕事のスキルはある程度身につけていて、本業にプラスアルファでスキルを手に入れたい場合、副業をすることが得になります。

例えば、本業で人事の仕事をしていて、リクルートのサイトや紹介文のスキルを手に入れたいので、副業でWEB制作やライターの仕事をするという感じですね。

さいごに

さいごに、まとめると以下の感じになります。

◎お金が今すぐ必要な人で、残業の方が時給が高い場合は残業、そう出ない場合は副業。

◎スキルを身に付けたい人で、本業の能力を伸ばす人は残業、本業にプラスαしたい人は副業。

今回は以上です。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です