未分類

稼ぎたいサラリーマンの住むべき家は会社から30分圏内

こんにちは。サラリーマンやっていますkohです。

この記事を読んでいる方はサラリーマンだと思います。

あなたの自宅から会社までの通勤時間はどのくらいでしょうか。

この通勤時間の長さで、稼げるかどうかが決まる。

と言われたらどう思いますか?

通勤時間と稼げるかはあまり関係ないように思いますが、

数値にすると大きく関係していることが分かるんです。

通勤時間が30分違うと、年間240時間の差が生まれる

例えば、あなたと同期の通勤時間が30分違うとします。

往復すると1時間の差が生まれるので、1日で1時間の差が生まれることになります。

1ヶ月で20日間出勤し、1年で12ヶ月なので、

1時間✖️20日✖️12ヶ月=240時間

1年間で240時間の差が生まれます。

そんなものか。と思うかもしれませんが、これをお金に換算するとどうでしょう。

年収300万円の人だと、時給が約1,500円なので、

年間36万円のお金を生み出すチャンスが失われていることになります。

1時間の使い道

時間は使い方次第で、お金にもなれば、自分の能力にもなります。

毎日1時間を読書に使ったり、プログラミングの勉強、英会話の勉強など、自己投資に使えば、自己価値が増えます。

電車の中でやればいいじゃないか。と思う人もいるかもしれません。

しかし、通勤電車の中で、集中して勉強できる人がどのくらいいるでしょうか。

大抵は、ネットサーフィン、ゲーム、音楽を聴いたり、動画を見たりだと思います。

この集中できる時間を確保できる、する価値があると思える人が、時間の価値を理解して、稼げるようになると思います。

さいごに

サラリーマンで稼いでいる人は、時間の価値を分かっている人が多いです。

時間はお金を生み出せますが、自分に投資すると、何倍もの価値に増えます。

このことを分かっているからです。

さらに、自分の時間の価値は自分の能力に比例して上がります。

自分の時間の価値を高めるためにも、集中できる時間を確保し、自分への投資をすることが稼げるようになる近道だと思います。

そのためにも、通勤時間をまずはお金で買って、自分に投資することをオススメします。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です