未分類

サラリーマンが副業・転職を考えるタイミング【副業編】

こんにちは、kohです。

本屋に行くと、副業や転職関係の棚ができ、多数の本が並んでいます。

周りでも、転職した人が増えたなという印象です。

正直、10年前には考えもつかなかった状況ですね。

まあ、10年前はリーマン・ショックもあり、就職氷河期だったというのも影響していそうです。

10年スパンで景気が後退していることを考えると、今のタイミングは転職に有利かもしれないですね。

さて、サラリーマンが副業や転職を考えるときはどんなタイミングでしょう。

今回は、それぞれのタイミングについて、考察して見ました。

サラリーマンが副業を考えるタイミング

まずは、副業です。

以下のようなタイミングが考えられます。

  • ①残業が規制された時
  • ②スキルアップしたい時
  • ③転職を考えた時
  • ④周りで副業している人の話を聞いた時
  • ⑤会社で副業が解禁された時

では、それぞれはどんな状況でしょう。

①残業が規制された時

これは、会社が人件費を抑えるため、残業を規制した場合です。

最近、働き方改革によって残業が減ったという人は増えていますが、

人件費を抑えるという名目で残業を規制する会社は多いでしょう。

この場合、残業できないことにより、収入が減ってしまいます。

時間はできますが、消費にお金を使えない場合、収入を増やすために副業を考えるでしょう。

②スキルアップしたい時

これは、本業以外のスキルを身に付けたいと考えた時です。

本業で機械系のエンジニアをしていたとします。

本業だけだと機械系の仕事しかできないため、

プログラミングの勉強をし、プログラムを作る仕事をクラウドソーシングで見つけ、

副業としてプログラムの能力を身につけます。

プログラムのスキルを本業の機械系エンジニアのスキルに活かすことにより、

機械装置の設計・動作プログラムの作成ができる生産技術者になることができます。

③転職を考えた時

これは、転職するために、本業以外のスキルを身に付けたいと考えた時です。

転職において、WEBデザイナーやプログラミングスキルは役立ちます。

さらに、転職すると収入が不安定になることも考えられるため、

収入源の確保とスキルアップの両方の側面から、副業を考えます。

④周りで副業をしている人の話を聞いた時

これは、ある意味一番副業を意識するかもしれません。

身近な人で副業をして、お金を稼いでいるという話を聞くと、

副業のハードルは一気に下がります。

また、副業へのアンテナが立つことにもなるため、

副業を考えることが増えることになります。

⑤会社で副業が解禁された時

これは、そのままですね。

会社がOKを出した場合、副業を始める人が周りに一気に現れます。

最近は、サイボウズのように、本業中も副業OKとなる会社も出てきています。

こうなると、副業を始めるハードルも下がり、副業を始めるきっかけになります。

さいごに

最近は、副業していると言われても、全然驚かなくなっています。

自分から副業していると話す人は少ないかもしれませんが、

国も推奨している部分があること、

メディアで副業の話が増えてきたことから、

数年先は副業を解禁している会社も増えていると思います。

最近は、副業や転職についての本がベストセラーになってきています。

時代の流れもありますが、副業に対してアンテナを立てておくのは必要かもしれませんね。

今回は以上です。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です